社会保険料が増える理由は4月〜6月の給料と3月〜5月の残業?徹底解説しますッ!

こんにちは!ケニーです。

いつもブログを読んでいただき、ありがとうございますm(_ _)m

まずは結論…!

サラリーマンの皆様〜!

毎年、4月・5月・6月(実働:3月〜5月)の残業には十分にお気をつけ下さいッ…!

社会保険料が増えて、手取りが減る悲劇が訪れるかも知れません。。

ここから本題ッ!

今日はブログ投稿1000本ノックの276本目。

以前の記事で書いた、社会保険料と残業の関係性について…。

サラリーマン必見ッ!社会保険料を安くする裏技と落とし穴?を解説

 

結局、上記記事で書いていた「社会保険料 → 納税」は全く関係がなさそうでした。。

そのため、僕自身も現在実践中なのですが、3月・4月・5月は残業を極力行わないようにしております。

(まぁ、その前からムダな残業は嫌いなので、行っていませんが…^^;)

 

この点について、「オタク会計士ch【山田真哉】」さんが、動画で分かりやすく解説してくれておりました。

 

サラリーマン・会社員にとっては気になる話題であり、社会人の常識として理解しておきたい内容になっております。

給与明細に記載されている、健康保険料・厚生年金保険料がどういう風にして算出されるのか…?

について、改めて解説させていただきます。

残業すると何が変わる…?

前提条件

僕自身もそうですが、給与が、

  1. 月末締め
  2. 翌月払い(10日とします)

の場合で更に、

  • 額面の給与:20万円
  • 勤務期間:3年目

の例でご説明します。

その場合、以下のような給与明細になります。

※40歳未満、東京・協会けんぽの場合

給与支給と支給対象期間

3月分に支給される給与は、2月に働いた分が支給されます。

今回気をつけなければいけないのは、

4月・5月・6月に支給される給与

なのですが、

支給対象の働いた期間は、3月・4月・5月

となります。

僕が勤めている会社もそうなのですが、

繁忙期が3〜5月の会社はけっこう大変…。

残業を行うと何が変わる?

今回は、3月に10時間の残業を行った場合を想定します。

その場合、4月の給与明細はこうなります。

赤文字の数値が変わったところですが、残業を行ったことにより

時間外手当(俗に言う残業代)が増えております。

それに伴い、健康保険料・厚生年金保険料も増えるのかと思いきや…。

特に変わっておりません。。

増えているのは、

  1. 雇用保険料
  2. 所得税

でした。

しかも増えたと言っても、合計で約4千円程度です。

実は給料から控除される中で、金額の大きい健康保険料・厚生年金保険料は、一部の例外を除き、

1年間金額は固定

なのですッ…!

社会保険料はどう決まる…?

社会保険(健康保険・厚生年金保険)については、算定方法が決まっております。

社会保険料の算定方法

算定は以下の流れで決められます。

  1. 4〜6月の給与支給額 ÷ 3 =「報酬月額
  2. 7月10日「算定基礎届」提出
  3. 9月分(10月支払分)〜 翌年8月分(9月支払分)の社会保険料 等級変更

そのため、1.の「4〜6月の給与支給額」即ち、

3〜5月の残業時間」が、1年間の社会保険料の金額に大きく関わってきますッ…!

社会保険料額表

全国健康保険協会(協会けんぽ)のホームページで、

令和4年度保険料額表(令和4年3月分から)

が公開されております。

地域ごとによって表が分かれておりましたが、僕が勤めている東京都の表はこんな感じでした。

標準報酬の月額に応じて、等級が決まり、等級に応じて給料からの天引きが必要な、

  1. 健康保険料(全国健康保険協会管掌健康保険料)
  2. 厚生年金保険料(厚生年金基金加入員を除く)

が決まります。

冒頭の例だと…?

まずは3月分支給の数値の場合。

この給与明細の方が、3〜5月も同じ条件で働いたら、社会保険料額表だと、

表の上記にあたります。

等級:17、社会保険料は上記の通り、

  • 健康保険料:9,810円
  • 厚生年金保険料:18,300円

というふうに決まります。

続いて、4月分支給の数値の場合だと。

この給与明細の方が、3〜5月も同じ条件で働いたら、社会保険料額表だと、

表の上記にあたりまして、なんと…。

等級:23まで上がってしまい、社会保険料は上記の通り、

  • 健康保険料:15,696円
  • 厚生年金保険料:29,280円

次の1年間(10月〜翌9月支給分)が、

月:1.6万円ほど跳ね上がってしまいます。。

まぁ恐ろしい…。

手取りが減った後の数値

等級:23まで上がった方が、その後繁忙期も終わり、残業なしで働いたとしたら…。

前述の通り、社会保険料が約:1.6万円上がった分、

手取りも、約:1.6万円少なくなってしまいます…。

しかも、これが1年間続くため、

年間:19万円手取りが減ってしまうという。。

この制度を、

社会人になっても誰も教えてくれない

というのがこの国の闇だと感じてしまいます…。

まさに情弱(情報弱者)は、お国から自然とお金を搾り取られてしまうという構図ですね。

厚生年金保険料は上がるが…

月次の手取りが減っても、厚生年金保険料を多く支払っていれば、老後は楽になるのでは…?

そんな疑問もあるかと思います。

だが、しかしッ…!

以前に厚生年金の改悪について、以下の記事で触れさせていただきました。

45歳定年制&厚生年金の大改悪!FIREへの壁になりかねない!?

 

また、このブログでおなじみの両学長が、別の動画で厚生年金について言及しております。

結論としては、

国民年金ほど厚生年金はコスパが良くない!

ということで、僕自身はムダな社会保険料は払いたくありませんw

社会保険料の節約

…というワケで、4〜6月の支給額(≒ 3〜5月の残業時間)を減らすことで、社会保険料が節約できます!

おおよそ、給与の15%を占める社会保険料。。

できることならば、同じ時間残業をするなら、6月〜翌2月にした方が、

  1. 社会保険料の節約
  2. 残業代による手取りアップ

の両方が実現できる可能性が高いです!

ただし、個人的な意見ですが、残業代で短期的な手取りを上げるよりも、

同じ時間を副業など自分が豊かになれる他の時間に使う方が、有意義に感じております!

まとめ

なぜ、3月・4月・5月に残業を行わないようにした方が、

年間の給料手取りが増えるのか…?

これで僕自身もスッキリしました。

まだ4月と5月は残っておりますが、今まで以上に仕事の生産性を上げて無駄な残業はより一層行わないようにしたいと思います!

(そもそも無駄な残業は、会社にとって無駄な経費の発生を意味します…)

この時期の残業は、一時的な手取りは増えますが、その分年間の社会保険料も増えますので、要注意ですね…!

皆様もご参考下さいませ!

 

人生というRPG…!

マネーリテラシー高めて経験値を貯めて、

「お金にまつわる5つの力」のレベルを上げて、

共に成長して楽しんでいきましょ~♪

 

それでは、今後も自由(FIRE)への道を歩んでいきます!

今日もキラやばー☆( ゚∀゚)o彡°

 

両学長の書籍

created by Rinker
¥1,540 (2022/11/17 10:28:26時点 楽天市場調べ-詳細)

両学長は、僕と同い年の方なのですが、親近感のある喋り方と、実践に基づくお金の教養力があり、とても尊敬しております!

書籍「お金の大学」は、両学長の各種動画と同じくらい、とてもわかり易くお金の教養が網羅されています。

FIREを目指されている方は必読の1冊!ぜひご覧ください♪

 

編集後記:あとがき…

昨日は急遽、長野への旅行+研修の予定をキャンセルし、1日家族と一緒に家でのんびりと過ごしていました。

最近は睡眠不足気味でしたので、夜は早めに就寝。。

今朝もゆっくり起きて、久しぶりに9時間ほど寝ちゃいましたw

Apple Watch の機種変更・再ペアリングの失敗を解説…モバイルSuicaも要注意!

先日の記事で書いたApple Watchにインストールしている

AutoSleep

というアプリで、睡眠の記録を取り続けているのですが…。

昨晩は睡眠の評価が高く(≒熟睡できていた)、

「睡眠バンク」という、睡眠不足=借金で表示される機能で、負債が減ってきました♪

※先月末は32%まで負債が溜まってました…

 

今日は頭がスッキリしているので、この数値もあながち間違っていないかも。。

健康管理にも、Apple Watchは便利に使えそうです♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA