遺族年金はいくらもらえるのか…?を解説 #Short

こんばんは!ケニーです。

いつもブログを読んでいただき、ありがとうございますm(_ _)m

いきなり本題ッ!

今日はブログ投稿1000本ノックの357本目。

両学長の1分でサクッと観れるショート動画から、遺族年金についてのご紹介します!

 

遺族年金っていうのは、公的年金に加入している人がもらえる年金です。

公的年金に加入しておくと、死亡してしまった時にも補償があります。

遺族年金はざっくり次の2種類があります。

①遺族基礎年金

遺族基礎年金というのは、国民年金に加入している人が亡くなった時に、支給される遺族年金です。

未納・滞納がなければ、18歳未満の子供のいる妻が、年額約80万円。

子供一人につき約20万円もらえます。

②遺族厚生年金

遺族厚生年金というのは、厚生年金に加入して会社員・公務員の遺族の方が受け取れる年金です。

遺族基礎年金との大きな違いは、

  1. 遺族基礎年金は子供がいないともらえない
  2. 遺族厚生年金は子供がいなくてももらえる

この違いはしっかり認識しておきたいところです。

遺族厚生年金の受給額は、実は計算が複雑です。

結局のところ、手っ取り早く早見表をみるのもありです。

オリックス生命保険株式会社より引用

例えば、夫が亡くなった場合、

  1. 自営業者なら年額ゼロから約130万円
  2. 会社員・公務員なら年額約40万円〜約200万円

受取額は、職業や家族構成年齢等によって変わってきます!

自分が死んだら、残された家族はいくらもらえるのか…?

これを機会に押さえておきましょう。

ショート動画の詳細はコチラ!

まとめ

遺族年金の受給額が分かれば、ムダな保険に加入しなくても済む場合も多そうです…!

お金を浪費しないために、しっかり把握しておきましょう!!

 

人生というRPG…!

マネーリテラシー高めて経験値を貯めて、

「お金にまつわる5つの力」のレベルを上げて、

共に成長して楽しんでいきましょ~♪

 

それでは、今後も自由(FIRE)への道を歩んでいきます!

明日もデリシャスマイル~(^^)♪

両学長の書籍

created by Rinker
¥1,540 (2022/11/16 09:45:01時点 楽天市場調べ-詳細)

両学長は、僕と同い年の方なのですが、親近感のある喋り方と、実践に基づくお金の教養力があり、とても尊敬しております!

書籍「お金の大学」は、両学長の各種動画と同じくらい、とてもわかり易くお金の教養が網羅されています。

FIREを目指されている方は必読の1冊!ぜひご覧ください♪

 

編集後記:あとがき…

妻と久しぶりに家族会議ちう…。

断酒前とは違い、僕もヒートアップしすぎることなく、冷静と情熱の間で話せております(笑)

今後のケニー家のために、妻と二人三脚で取り組んでいけるよう、話を深めていきます…!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA