世界から見た日本の変な雇用制度について解説 #Short

こんばんは!ケニーです。

いつもブログを読んでいただき、ありがとうございますm(_ _)m

いきなり本題ッ!

今日はブログ投稿1000本ノックの388本目。

両学長の1分でサクッと観れるショート動画から、日本の変?な雇用制度を解説します。

 

先進国に住む人々から見て、日本型雇用の一体どこが変なのか…?

①同一労働・同一賃金じゃあない

日本では、

  • 同じ仕事をしていても、正社員か非正規かで給与が違う
  • 女性というだけで、管理職になれる可能性は激減する

という傾向があるかと思います。

ちなみに、先進国の女性管理職の割合を見てみると、

  • アメリカ:41%
  • フランス:35%
  • イギリス:36%

という感じですが、日本は15%。。

日本はずいぶんと低いですよね。。

②労働時間が長い人が偉い

多くの日本企業は、労働時間の長さを評価します。

  • 休日出勤もいとわない
  • 課長より早く出社
  • 部長より遅く残って残業

長時間労働する人=頑張ってる人

って皆さん思っているってことです…(泣)

日本のこれから

こんな感じで、多くの日本人が常識だって思ってきたことの多くが、

先進国の目線では、日本の常識・世界の非常識になっているんです。

日本の雇用環境は過渡期にあります。

どんどん、アメリカナイズされると思いますが、まだ先は長そうです。。

終身雇用・年功序列に守られたまま逃げ切れるッ!

と思う人は、副業や投資などお金を稼いだり増やしたりしつつ、

いい会社の正社員としての身分を守りましょう。

一方で、

  • 自分は逃げ切れない…
  • 今の働き方は不満…

といった人は、自分の人的資本(専門性)を大きくしたり、金融資本(お金)・社会資本(人とのつながり)を強固にして生き延びる!

こういうふうにマインドを変えるべき時です。

  • 会社に依存しない
  • どこでも誰とでも働ける

というキャリアを作り、

会社に守ってもらうんだ…!

という考えを捨てて、強い個人になりましょう!

ショート動画の詳細はコチラ!

まとめ

日本に過ごしていると、なかなか他国でどういった情勢なのかが、頭から抜けてしまいがち。。

鎖国よろしく、偏った考えにならないよう、注意したいと思います…!

 

人生というRPG…!

マネーリテラシー高めて経験値を貯めて、

「お金にまつわる5つの力」のレベルを上げて、

共に成長して楽しんでいきましょ~♪

 

それでは、今後も自由(FIRE)への道を歩んでいきます!

笑顔でウルトラハッピー(´∀`∩)↑

 

両学長の書籍

created by Rinker
¥1,540 (2022/11/17 10:28:26時点 楽天市場調べ-詳細)

両学長は、僕と同い年の方なのですが、親近感のある喋り方と、実践に基づくお金の教養力があり、とても尊敬しております!

書籍「お金の大学」は、両学長の各種動画と同じくらい、とてもわかり易くお金の教養が網羅されています。

FIREを目指されている方は必読の1冊!ぜひご覧ください♪

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA